女性部員が‟土佐の料理伝承人”郷土料理伝える




安芸地区園芸女性部は2月8日、高知市で開かれた郷土料理伝承講座に「土佐の料理伝承人」として参加。県内の消費者ら28人に、管内の特産であるナスの味わい方を披露しました!














参加者は、「米ナスのたたき」「ナスの豚肉巻き」「ナスとシシトウのしょうゆ煮」「ナスとミョウガの胡麻和え」などを調理。部員からナスの切り方や揚げ加減など細かい工程を教わりながら、料理を仕上げました。













参加者は「子供へ郷土料理を教えたくて参加しました」「ナス料理のレパートリーが増えて嬉しい」と大喜び(^^)/



同園芸女性部の渡辺るり部長は「消費者と交流できる貴重な機会。みんなで教えながら楽しんで調理できた」と交流を楽しんでいました。













同講座は、県内の各地域で郷土料理に卓越した知識・技術等を有し、伝承活動に取り組む「土佐の料理伝承人」が講師を務めます。



県農業振興部農産物マーケティング戦略課の前田淑課長補佐は「講座で学んだことを家族や地域の人に広げてもらい、料理伝承人の味や技を継ぐ存在になってほしい」と期待を寄せます。












LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 13:02

コメントは受け付けていません。