そばで地域を元気に!~収穫体験と試食会~


こんにちは。JA土佐あきの竹村です。

 

みなさん、ソバが栽培されているところを見たことがありますか?わたしは先日、人生で初めてソバの収穫を体験してきました! 室戸市の庄毛集落営農組合と松壽寺そば道場が、室戸市吉良川町でソバ収穫体験と新そば試食会を開催。そばで地域を盛り上げたいと開き、今年で2回目となります。地域住民や地域おこし協力隊員など20人が参加しました。

 

みんな初めて目にするソバの花や実に興味津々!ソバは一番上の花の実が黒くなったら、根元から切って収穫していきます。白やピンク色の花が可愛くて、思わずパシャリ。

 

 

参加者らは、ソバ畑20㌃で持参したカマを使って上手に収穫していました。参加者は「ソバの実や花を初めて見た。収穫も楽しかった」と笑顔で話していました。

 

 

収穫したソバは、同組合が乾燥、脱穀等の作業後、石臼を挽いてそば粉50㌔を収穫予定。手打ちそばを作り、主に道の駅・キラメッセ室戸の「楽市」で販売します。 収穫後は、同道場の塾生が手打ちしたそばと鯖の炊き込みご飯を味わいました。「やっぱり手打ちは美味しい」とみんな笑顔で完食!

 

 

さらにそばの手打ちも体験!そば一色の一日となりました。

 

 

同組合長でJA職員の岩川日出夫さんは「ソバ栽培と手打ちそば作りの事業に力を入れて、室戸市の特産物となるよう地域の皆で育てていきたい」と話していました。

 

LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 09:12

コメントは受け付けていません。