道の駅「大山」 新名物「ゆず玉なすキーマカレー」


こんにちは。JA土佐あきの竹村です。

 

みなさん、安芸市の大山岬にある道の駅「大山」は知っていますか?実は、「大山」はJA土佐あきが指定管理者を務める道の駅なのです。JAが運営しているので、安芸市の地元野菜やお土産も購入できますが、いちおしは太平洋を眺めながらランチができるレストランです。

 

「大山」は今年3月にリニューアル。新名物として人気を集めているメニューが「ゆず玉なすキーマカレー」です。

 

 

 

ゆず酢飯となすの濃厚キーマカレーが相性抜群!トッピングの温玉となすのタタキもアクセントになっています。安芸市産のゆずを使った酢飯は、ターメリックで炊いた黄色いライスでゆずの形を表現。思わず写真を撮りたくなるオドロキ感のある一皿です。

 

さらにドリンク類も充実。トータス松本が働いていた大阪のインドカフェ「カンテ・グランデ」のアイスチャイや、安芸市産のゆず果汁で爽やかに仕上げた「安芸ラッシー」などはカレーとの組み合わせを考えて作りました。「カンテ・グランデ」のチャイは茶葉も販売。高知ではなかなか出会えない本場の味を楽しめます。

 

 

メニューは他にも、安芸釜あげちりめん丼や土佐ジロー親子丼、大山なすバーガーなど地元の愛がたっぷり詰まったグルメが充実。ぜひ、休日のドライブなどにお立ち寄りください。

 

LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 08:50

コメントは受け付けていません。