パラソルがゆれる夏


こんにちは、JAとさかみです。
この時期香長平野では、晴天の下パラソルが揺れ動いています。
しかも場所は、緑あふれる畑の真ん中。
海水浴ともレジャーとも違う、その様子をよく見てみると・・・。

畑の中をパラソルがゆらゆら



パラソルの正体はなんと、サツマイモの収穫風景!
このサツマイモは、早掘りかんしょ「土佐紅」。
秋の食べ物のイメージのサツマイモですが、土佐紅は今が旬。 日本でも一番早く旬を迎え、出荷が始まります。
夏の入り口の青空の下、パラソルをさした機械があっちへこっちへ。
ゆらゆらと揺れながら真っ赤なサツマイモを収穫しています。

初夏の日差しの下、収穫作業が続きます



土佐紅は、名前の通り真っ赤な皮が特徴。
とても薄く、傷つきやすいので、作業も手作業ですすめられます。

一つ一つを丁寧にみがきます



皮ごと食べることもでき、蒸かして塩をまぶして食べると上品な甘味が一層引き立ちます。
小さい土佐紅は、甘辛く煮つけて皮のままパクリ。
冷暗所で保管もでき、水分が抜けるとホクホク感が増すので、天ぷらもさらに美味しくいただけます。

お見かけの際は、ぜひお試しください



「おいしいお芋が秋まで待てない!」そんな方には、強くオススメします。
パラソルの似合う南国の太陽を浴びて育った土佐紅。
主に量販店でのお取扱いとなりますので、お見かけの際にはぜひお買い求めください。

 

どうぞよろしくお願いします。


香南市の早堀りかんしょについて、2014年9月発行「とさのうと」の特集にて詳しく掲載いたしますので、お楽しみに!

LINEで送る

投稿者:JAとさかみ | 17:36

コメントは受け付けていません。