たっぷりネギの卵焼き


 

こんにちは!JA高知信連 植田 です。

 

6月1日にとさのうと「牛乳号」を発行いたします。

現在、その中のコーナー取材を行っている最中で、先日「うちでごはん」の取材に行ってきました。

JA土佐香美洋菜部会女性部さんが教えてくれたレシピの主役は、薬味でお馴染みの「青ネギ」です。

私の食卓では、1本をみじん切りにして、お味噌汁に入れたり、お鍋の薬味として重宝しているお野菜ですが、今回は、1品1品にドド~ンと1束使い、青ネギが主役となっているお料理を教わってきました。

それが、本当に簡単で、こんな私でもパパッと作ることができるレシピばかりでした。

 

取材が終わると、女性部のみなさんとスタッフでそのお料理をいただいているのですが、女性部の部長さんが残った卵で何か作ろうとしていました。

卵を割り入れたボールにみじん切りした青ネギがドド~ンと入れられ・・・

おネギの量にビックリしているうちに、卵焼きをササッと作ってくれました。


卵が見えないぐらいおネギが入っています。

 

女性部のみなさんの中では、当たり前の料理なので、逆にビックリしているのが不思議だったみたいです。

たっぷりネギの卵焼き



 

そのお味は、おネギの食感がシャキシャキとして今まで食べたことのない卵焼きでしたので、みなさんにレシピをお知らせします。

 

たっぷりネギの卵焼きレシピ(勝手に私が名づけました)

※4人前ぐらい

〇青ネギ 1束(約150g)

〇卵 4個

〇うま味調味料、塩少々

 

一度食べたら、やめることができない食感です。

我が家ではこれからの卵焼きにはおネギをたっぷり入れることにします。

みなさんもいかがですか。一度作って食べてみてください。

 

また、おネギは切って、15分ぐらい置いてから食べたらおいしいと聞いてきました。

みじん切りして15分置いたおネギとかつお節をご飯の上に載せ、お醤油をかけて食べると、とてもおいしいと聞いてきましたので、お試しを!

 

取材に行くと、本当にためになるお話が聞けたり、お得がいっぱいです。

その情報を独り占めにせず、みなさまにもお知らせいたしますのでお楽しみに!

また、その他の青ネギレシピは平成26年6月1日発行の牛乳号に掲載いたしますので、楽しみにお待ちください!

LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 12:28

コメントは受け付けていません。