ピーマン料理の夕食


こんにちは!
JA高知信連の植田です。
今年もあとわずかになりました・・・時がたつのは早いものですね。
さて、先日、とさのうと2014年12月号の特集ページの取材がスタートしました。いつも、約1年前から取材が始まります。
2014年12月号の特集はピーマンです。ピーマンは夏野菜と思いきや、なんと冬から春にかけて収穫量が多く、夏の始めには少なくなります。

ツꀀ

ピーマンの取材担当者がお伺いしたハウスのピーマンです。
ツヤツヤした緑色のピーマンです。
ピーマンの葉とお花です。
ピーマンの生産者さんはこの葉っぱを天ぷらにして食べるそうです。
その取材先の生産者さんから、取材担当者がたくさんピーマンをいただいてきたので、おすそ分けをしていただきました。
そして、家の冷蔵庫を見ると、ちょうど、豚肉、めんたいこがある・・・
とさのうと6号の「うちでごはん」のコーナーで紹介があった、
「豚肉ピーマンめんたい揚げ」を作りました。
油の温度が高すぎて、少し茶色くなり、本とは見た目は違いますが、お味はGOOD!
また、生産者さんから教えていただいたピーマンの葉っぱの天ぷら・・・本当においしかったです。

豚肉ピーマンめんたい揚げとピーマンの葉っぱの天ぷらです。



そして、とさのうと7号の「うちでごはん」のコーナーで紹介があった、「ピーマンの塩昆布和え」です。赤ピーマンがなかったので、本の写真とは少し違いますが、これもまた簡単でおいしかったです。

ピーマンの塩昆布和えです。



そして、生産者さんお勧めの食べ方、ピーマンのサラダです。これも、新鮮なピーマンだからこそ味わえるおいしさでした。本当は、紫の玉ねぎと一緒に食べたらおいしいと教わってきたらしいのですが、我が家には紫の玉ねぎがなかったので、高知産ミニトマトを加え、イタリアンドレッシングでいただきました。

ピーマン生サラダです。



私は、ピーマンが大好きなので、幸せ気分いっぱいの夕食でした。
ピーマン特集では、生産者さんのおいしい食べ方を伝授していただけると思いますので、2014年12月号を楽しみにしていてください。



今年もとさのうとをご覧いただいたたくさんの方からコメントをいただきまして、ありがとうございました。
来年も、みなさまに楽しんでいただけるような内容の「とさのうと」をお届けできるよう、スタッフ一同、取り組んで参りますのでよろしくお願い申し上げます。

LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 10:13

コメントは受け付けていません。