風土食シェフ

信連の高橋です!


コロナの影響で皆さまも様々な自粛を余儀なくされていると思います。早く終息して安心できる日常に戻ってほしいですね・・・。


さて、前回の更新からずい分と間が開いてしまいましたが、今回は取材の合間に立ち寄った「とさのうと 風土食シェフ」に掲載されたお店のお料理をご紹介します!


前任のとさのうと担当者からの引継ぎ期間中、とさのうとを開いて、今日はここでランチにしよう!と取材の合間に先輩と立ち寄ったお店です。





とさのうとvol.32(まごころネギ号)いろは食堂


自分の食べたいおかずばかり盛り付けたので、見た目が綺麗な色どりとは程遠いですが・・・


オーナーシェフをはじめ、地元のお客様や、お料理が温かかったです!

とさのうとvol.29(いちず四方竹号)さめうら荘




新築オープンされたさめうら荘の建物にテンション上がりました!とっても綺麗!内装の木のぬくもり!まさに木のぬくもりでした!




さめうら荘の人気のお料理はやはり土佐あかうし!!なのですが、この日のランチは無性に食べたくなったエビフライです。景色を見ながら美味しくいただきました。



とさのうとvol.8(ごきげんオクラ号)畑山ガーデン




この日は冠水するんじゃないの?!て位の大雨だったのですが、そんな雨の中でもどんどんお客様がいらしてました。ですが、納得。とっても美味しかったです!ちょっと肌寒かったので追加でオーダーしたスープ、




こちらのスープはメニューにレシピがついてます。私も自宅で作ってみましたよ。




とさのうとvol.37(ほこらし鶏号)茶農家の店あすなろ




仁淀川町のあすなろさんへ取材オファーに行った際、おやつにいただきました♪お天気は良くなかったのですが、雨模様の景色を眺めながらのティータイムが印象的でした。





普段の日常に戻ったら是非、皆さんの美味しいお店を見つけてみてください♪


LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 16:19

住宅地に突如出現!巨大植物「ガイミアリリー」


この大きな植物、何かわかりますか?木?
いえいえ、なんと「ガイミアリリー」という花なんです!




「ガイミアリリー」はオーストラリア原産で、日本では輸入品が流通しており、国産は高知県芸西村のみで栽培されています。


2~4mの草丈と真っ赤な花びらが特徴で、花部分は人の顔よりも大きい40~60㎝にも!生育には時間がかかり、種から育てると開花するまで5年から10年ほどかかると言われています。







圃場主のJA高知県芸西支部園芸部研究会花卉部の貞広伸一郎部長は3月25日に、開花した1本を収穫しました。貞広部長は「ガイミアリリーは約1ヶ月以上楽しむことができる。多くの人に珍しい花を楽しんでもらいたい」と話してくれました。







LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 10:55

信連 取材後記

こんにちは!JA高知信連の高橋です。


「とさのうと」の担当になり、もうすぐ1年になります。


この約1年間、西は大方、東は東洋町までとさのうとの取材に同行させていただきました。いつの間にか撮り溜めてた写真がいっぱいになっちゃいました!少しずつですが、皆さんにご紹介します。


初めての取材は、



じゃん!!「ごめん・なはり線」キャラクターのあき うたこちゃん



安芸地区に行ってきました!


とさのうと37号の、「農する人」に登場しました米ナス農家さんです。







よく一般に見られる細身のナスよりも大きく、ずっしりした印象でした。ツヤツヤで、ピカピカ光ってました!


煮ても焼いても揚げてもお漬物にしても、色んなお料理で活躍できる万能食材ですが、個人的にはカツオのタタキならぬ米ナスのタタキがおすすめです。



LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 10:11