猛暑を乗り切りろう!


皆さん、こんにちは。JA高知はたの河野です。

連日猛烈な暑さですね。各地で35度を超える猛暑日が続いています。

 

さて、この暑い時期に旬を迎えるのがナスです。 四万十市西土佐地区はナスの産地で、「米ナス」「小ナス」「いごっそうナス」など、様々な種類のナスが栽培されています。露地の米ナスの栽培面積は3.9㌶と日本一を誇ります。そして、いごっそうナスは同地区でしか栽培されていない品種。アクが少なく、生で食べられる点が特徴です。

 

JAは8月5日、旬に合わせて道の駅「よって西土佐」でナスフェスを開きました。米ナス、小ナス、いごっそうナス、それぞれの栽培農家さん直伝のレシピで、米ナスはフライに、小ナスは漬け物に、いごっそうナスは焼いて調理し、試食販売をしました。

 

 

(卵型のいごっそナスの試食販売)

 

米ナスは「旨みと甘みがあっておいしい」、小ナスは「さっぱりして何個でも食べられそう」などと、どれも来場者に好評でした。それぞれの特徴を生かした、農家さんならではのおいしい食べ方でした。他に、米ナスのまるごと焼きもお勧めとか。

 

会場にはナスの妖精も登場しました。米ナス、小ナス、いごっそうナスのうち、どのナスの妖精か分かりますか?ヒントはヘタが緑色をしていることです。

 

 

(ヘタが緑色のナス【妖精】は米ナスです)

 

 

ナスはおいしいだけじゃなく、体を冷やす効果があります。そのため、暑さでほてった体に最適です。

 

ちなみに四万十市西土佐地区は、2013年に観測史上最高となる41度を記録し、「日本一暑いまち」になりました。今年その名称を返上しましたが、やっぱり今夏も暑いです!

 

皆さんもナスをはじめとする十分な栄養と水分補給、睡眠をたっぷりとって、猛暑を乗り切りましょう。

 

LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 17:06

東洋町の美味しいもの


こんにちは。JA高知信連の森本です。

 

とさのうと最新号 「ネギ号」 うちでごはんでは、高知県の一番東に位置する東洋町の女性部さんに賑やかなお料理を作っていただきました。

 

東洋町らしい、彩り豊かなお料理が並びます。

 

その中でもひときわ目立つ存在が、こけらずし!

シイタケ、ニンジン、卵の綺麗な色合いと柚子酢の香りがいっぱい広がります。

 

 

 

こんな大きな包丁で!!

皆さん、慣れた様子でバランスよく切っていきます。

 

 

こけらずしの他にも、ポンカンゼリー、イタドリの塩昆布あえ、柿のてんぷら(え?柿のてんぷら?!)など、目から鱗なお料理が勢ぞろい。

 

作り方は、「とさのうと ネギ号」で!

 

LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 17:05

今年も開催!「うまいもん体験団」


こんにちは、JA四万十の宗﨑です。

 

7月22日、恒例となりました「うまいもん体験団」が開催されました! 暑さが心配されましたが、この日は日差しを遮ってくれる雲も多く、水分補給に気を付けながら5月に植えたショウガやイネの生育観察を行いました。

 

 

まだまだ小さなショウガ。稲の出穂ももうすぐです。

 

今年は三堰キャンプ場の河原で、「農と生きもの研究所」の谷川徹さんと生きもの調査を行いました。

 

 

 

魚にカエル、ヤゴなどたくさんの小さな生きものを観察できました。

 

ひんやりとした川で存分に泳ぎ、流しそうめん、BBQにカキ氷とたくさんのイベントを楽しんでいただけました。皆様、暑い中ありがとうございました! 次回は10月に稲刈りなどの収穫体験を予定しています。

 

 

 

LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 10:57