土佐の豊穣祭2017を開催


みなさん、こんにちは。JA高知中央会の安田です。

高知市の中央公園で、11、12日に「土佐の豊穣祭2017高知市会場」が開催されました!県内各地のJAが自慢の農産物や加工品を販売しました。両日天候にも恵まれ、会場では来場者のにぎやかな声が飛び交っていました。ステージではよさこいや太鼓演奏など高知色の強い催しが行われ、来場者はとても喜んでいる様子でした。

私もJAグループ高知オリジナルの赤半被を身にまとい、応援スタッフとして参加しました。地元産品の販売を通じ、地域の皆様と関わることができてとても充実した2日間となりました!

来年はもっと大盛況になるように頑張りたいと思います。これから一段と寒くなってまいりますので、みなさん体調には十分お気を付けください。

LINEで送る

投稿者:JA高知中央会 | 08:53

秋のタケノコ「四方竹」の出荷が始まりました!


こんにちは、JA南国市です。

10月に入り、日ごとに秋の気配が色濃く感じられるようになってきました。

 

さて、とさのうとvol.29で特集された

秋のタケノコ「四方竹」の出荷が10月5日から始まりました!

今年は若干生育が遅れているものの、品質は良好♪

鮮やかな黄緑色とシャキシャキした食感で、

煮物や天ぷら、サラダといろいろな料理で楽しめます。

 

 

「四方竹」は中国原産の竹で、明治10年ごろに高知県南国市白木谷に入ってきたのが始まりと言われています。

現在では、南国市白木谷・奈路地区をはじめとする中山間地域で栽培され、南国市を代表する特産品となりました。

 

 

川のそばに四方竹の竹林があり、豊かな景色が広がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、南国市の四方竹生産農家で構成する「南国市四方竹生産組合」では、10月7日に目慣らし会を開き、品質や規格を確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出荷は、11月中旬頃まで。

県内や関東、近畿などを中心に出荷されます。

また、JA南国市の直販店「かざぐるま市」「風の市」でも販売されています。

この時期しか食べられない秋のタケノコ「四方竹」を

ぜひ味わってみてください。

 

 

 

LINEで送る

投稿者:JA南国市 | 10:04

ご当地キャラまつりin須崎


こんにちは、JA土佐くろしおの大﨑です。

須崎市にある桐間多目的公園で、9月9日・10日に「第4回ご当地キャラまつりin須崎」が開催され、9日にはJA土佐くろしおのオリジナルキャラクター「とさっ子みょうがちゃん」「くろしお村村長」、JAバンクのキャラクターである「ちょリス」の3キャラクターが参加しました。

昨年、ゆるキャラグランプリ2016で1位となった「しんじょう君」効果や昨年に続き「ふなっしー」の参加により、来場者は2日間で9万5,000人と発表があり、須崎市の人口が2万2,000人なのでほぼ4倍の人が集まったという事になります!

また、グルメブースでは、JA土佐くろしお女性部多ノ郷支部が出店を行い、ヘルシーな「とうふドーナッツ」、JA土佐くろしおが日本一の出荷量を誇るミョウガを使った「ミョウガのちらし寿し」や「ショウガのかき揚げ」を販売して、来場者をおもてなしをしました。

LINEで送る

投稿者:JA土佐くろしお | 13:25