防災食を学ぼう!~ポリ袋クッキング~


こんにちは。JAとさしの川野です。

JAとさし女性部のカルチャー教室で「防災食」の取材に行ってきました。

 

NPO法人日本防災士会高知の方を講師に迎え、被災時に役立つ防災食を学びました。非常時にはもちろん、日常にも役立つ時短でおいしい「ポリ袋クッキング」をしました。

 

献立は、「白御飯」「サバの味噌煮」「和風ツナパスタ」「ラタトゥイユ」「蒸しパン」の5品。レッツ、クッキング!!

 

ポリ袋にお米(無洗米)と水を入れます。

 

 

サバの味噌煮は、調味料とサバの切り身を入れ、よく味が染みるように揉み込みます。(※ポリ袋のまま冷凍保存もOK)

 

 

スパゲティーは、半分に折ったものと水をポリ袋に入れておき、20~30分吸水させて沸騰した湯につける。ゆであがったら、ポリ袋のお湯を捨てて松茸のお吸い物、ツナと塩コショウで味付け。

 

 

ラタトゥイユは、トマト缶とトマトケチャップがあれば、お好きな野菜やウインナーと一緒にポリ袋に入れて、沸騰したお湯につける。

(写真がなかった・・・。)

 

蒸しパンは、ホットケーキミックスと牛乳だけで出来ます!

 

おいしく出来上がりました!!

 

ポリエチレンでできている半透明の袋で、130℃まで耐えられるポリ袋は、油分を使わないのでカロリーダウンにもなり、調味料も少なくて健康的です。ポリ袋に具材や調味料を入れ、なじませた後、袋の中の空気を抜いて口をしっかり縛り、沸騰したお湯に入れ、加熱します。 「高密度ポリエチレン」だと尚良し、だそうです。

 

驚いたのは「サバの味噌煮」、普通は味がしみ込むまで手間や時間もかかりそうなイメージでしたが、食べてみると身はふっくら、味もしっかり染みていておいしかったです。あとは、洗い物が少ない!!とても素晴らしい!! いつ起こるかわからない災害、防災食を備えると共に、知識も備えましょう!

 

LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 10:07

道の駅「大山」 新名物「ゆず玉なすキーマカレー」


こんにちは。JA土佐あきの竹村です。

 

みなさん、安芸市の大山岬にある道の駅「大山」は知っていますか?実は、「大山」はJA土佐あきが指定管理者を務める道の駅なのです。JAが運営しているので、安芸市の地元野菜やお土産も購入できますが、いちおしは太平洋を眺めながらランチができるレストランです。

 

「大山」は今年3月にリニューアル。新名物として人気を集めているメニューが「ゆず玉なすキーマカレー」です。

 

 

 

ゆず酢飯となすの濃厚キーマカレーが相性抜群!トッピングの温玉となすのタタキもアクセントになっています。安芸市産のゆずを使った酢飯は、ターメリックで炊いた黄色いライスでゆずの形を表現。思わず写真を撮りたくなるオドロキ感のある一皿です。

 

さらにドリンク類も充実。トータス松本が働いていた大阪のインドカフェ「カンテ・グランデ」のアイスチャイや、安芸市産のゆず果汁で爽やかに仕上げた「安芸ラッシー」などはカレーとの組み合わせを考えて作りました。「カンテ・グランデ」のチャイは茶葉も販売。高知ではなかなか出会えない本場の味を楽しめます。

 

 

メニューは他にも、安芸釜あげちりめん丼や土佐ジロー親子丼、大山なすバーガーなど地元の愛がたっぷり詰まったグルメが充実。ぜひ、休日のドライブなどにお立ち寄りください。

 

LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 08:50

真剣!ハーバリウム作り


こんにちは。JA四万十の宗﨑です。

9月8日に開催された今年度4回目の「あぐりスクール」では、子どもたちがハーバリウム作りに挑戦しました。講師に森稚子さんをお迎えし、カラフルなドライフラワーを選んでいざスタート!

 

 

最後に専用のオイルを入れるので、花は少し浮き上がってきます。 カスミソウやアジサイ、稲穂などがきれいに見えるよう黙々と調整…と思いきや、 「切り過ぎた!」「取れんなった!」と大賑わいです。

 

 

出来上がり!

 

 

1時間ほどで、色鮮やかなハーバリウムが完成しました!

 

LINEで送る

投稿者:JA高知信連 | 08:49